研修

HOME > 研修 > 事業団の研修体制

事業団の研修体制

訪問看護部基本方針

「北海道における在宅ケアの推進母体として、地域の特性や需要を踏まえ、関係団体との連携を深めて各地域の基盤整備を行う」という事業団の使命に則り、

  1. 在宅療養者が安心して家庭での療養が継続できるよう「生活の質」に配慮した利用者中心の良質な訪問看護の提供
  2. 協働者としての他職種や関係機関との連携を深め、看護職が相互に成長できるような環境の整備
  3. 地域特性を踏まえたステーションの健全な経営運営
  4. 研究的視点をもった実践による新しい訪問看護の創造

職員教育

事業団訪問看護ステーション・ケアプラン相談センター職員の継続教育
自分のペースで少しずつステップアップすることができます!
就業前
  • 潜在看護師のための訪問看護研修等~
    どなたでも参加できます。
  • 各ステーションでの新採用職員研修
  • 先輩職員と同行訪問
    丁寧にサポートします。
  • 新任職員交流会
    各ステーションから集まります。
1年
未満
1~3年
未満
  • 現任研修I
    自己を振り返ります。
    他ステーションでの同行訪問を体験します。
3~5年
未満
  • 現任研修II
  • フォローアップ研修
    自己の役割について考え、実践します。
8年
以上
  • 現任研修III
    中堅としての役割を語り合って自己肯定感を高めます。
  • 管理者研修
  • 副管理者研修
  • (その他研修)

    • フィジカルアセスメント
    • ストーマ・スキンケア
    • 看取りのケア
    • リハビリテーション研修
    • 精神疾患をもつ利用者の訪問看護
    • 実習指導者研修
    • リハ職の研修
    • ケアマネジャーのケアマネジメント研修
    • 外部研修(各職能団体の研修、訪問看護eラーニングなど)

研修会のご案内

潜在看護師のための訪問看護研修、公開研修のお知らせはこちらをご覧ください。

研修報告

事業団主催研修を写真付きで適宜報告してまいります。