お知らせ

HOME > お知らせ

コロナ奮闘記

2020.07.20 UP

 令和2年2月、北海道においても新型コロナウイルス感染症患者が発生、徐々に蔓延する中、2月末より事業団訪問看護ステーションにおいても感染が疑われる利用者がポツポツと出現するようになりました。そこで組織としての対応を整えつつ、実際に感染が疑われる利用者が発生する度に事務局で個別の対応について協議し、濃厚接触を疑う訪問看護師への出勤停止等の対応を行っています。

 また、感染予防のマスクやガウン、消毒液の確保にも奔走しました。例えば、医療用ガウンが手に入らず100円ショップで雨ガッパを購入し代用する、クリアファイルを使ってフェイスガードを作成する、車整備用の使い捨てグローブを探す、酒屋さんで濃度の濃いアルコールを消毒用に分けてもらう等です。非常時のため、家にあるものや身近に手に入るもので安価に済ませ、利用者さんの負担を減らすとともに、感染予防について、皆でワイワイガヤガヤ知恵を絞っています。

 皆が安心して働ける環境づくりをモットーとして、今現在も訪問看護師の工夫力・行動力・発想力を駆使し、この危機を乗り越えられるよう日々奮闘中です!

看護記録の電子化とタブレット(iPad)の導入

2020.07.20 UP

 ここ数年で訪問看護の現場にICTが導入され普及しつつあります。事業団では、平成12年から利用者様の情報管理や医療文書等の電子化を行っていましたが、令和2年1月より看護記録の全面電子化とタブレット(iPad)端末を携帯して利用者宅を訪問するようになりました。

 そのため、利用者のバイタルサインの計測値をメモに取り、事業所に戻ってから記録をしていたのが、訪問中や訪問後すぐに記録できるため、記録時間の短縮につながっています。

 また、いつでもタブレット(iPad)端末から利用者の情報を把握できることで、看護師が安心して利用者の相談に24時間応じることができます。

 さらに、自事業所の管理者や職員はもとより、関係機関と連携する可能性が広がりました。

 現在、職員が安心して業務できるよう、このICTのさらなる仕組みを整えているところです!

令和2年度 新卒看護師採用試験の日程等について

2020.06.04 UP

☆☆☆令和2年度 新卒看護師採用試験☆☆☆

   →採用試験の詳細ダウンロード

 【採用試験日時】

  ・1期:令和2年 8月18日(火) 応募締切日:令和2年8月11日必着 

  ・2期:令和2年10月13日(火) 応募締切日:令和2年10月6日必着

   【選考方法】面接、小論文

   【必要書類】下記の書類を人事担当まで郵送してください。

  ・新卒看護師採用申込書 →当社所定申込書ダウンロード

  ・卒業見込証明書または成績証明書

  ・履歴書(当社指定) →当社所定履歴書ダウンロード

 

<郵送先>

  〒0600001 札幌市中央区北1条西9丁目3番27号 第3古久根ビル4階

    一般社団法人北海道総合在宅ケア事業団 訪問看護部 人事担当

  TEL:011-281-2120

令和元年度質評価に関するアンケート結果を公開しました">令和元年度質評価に関するアンケート結果を公開しました

2020.06.04 UP

公開研修「訪問看護が支える在宅看取りケア」

2020.05.13 UP

札幌南訪問看護ステーション 知ってほっこり☕訪問ナース奮闘記🌟 パート2 看護記録が変わる⁉

2020.01.29 UP

「訪問看護ってどんなサービス?」「どんな看護師さんがいるのかな?」「訪問看護ステーションってどんなところだろう?」…こんなギモンが時々聞こえてきます。そこで、札幌南訪問看護ステーションから定期的に在宅介護に役立つ情報、訪問看護のフィロソフィーをお届けします!訪問看護に興味がある方必見💁‍♀️乞うご期待!

←click

令和元年度第1回リハビリテーション支援G主催研修会を開催しました!

2019.10.01 UP

 2019年9月13日(金)、かでる2.7(札幌市中央区)にて、令和元年度第1回リハビリテーション支援グループ主催研修会を開催しました。

 昨年9月に発生した北海道胆振東部地震から1年が経ちました。現在でも日本では台風や豪雨などの自然災害による被害が頻発しています。過去の災害におけるリハ専門職の支援活動から、災害時におけるリハ専門職の保健活動の必要性が高まっています。北海道におけるリハ専門職の災害時の取り組み状況を把握のため、今回の研修会では、小野遥氏(DoRAT理事、札幌渓仁会リハビリテーション病院 理学療法士)をお招きし「北海道胆振東部地震におけるDoRAT活動」というテーマで、ご講演をいただきました。講演は、北海道胆振東部地震におけるDoRATの活動報告やその課題についてのお話しや、”避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)”も体験させていただきました。

 

 

 

 

 

羽幌地域訪問看護ステーション移転のお知らせ

2019.05.31 UP

       

 

 令和元年5月18日 羽幌地域訪問看護ステーションが北海道立羽幌病院3階へ移転しました。

 

       

 職員一同 気持ちを新たに、地域の皆様が安心して在宅での療養生活を送れるよう、より一層のサービスの向上に努めてまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

 

なお、電話番号・FAX番号はこれまでどおりですので、お気軽にお問い合わせください。

  • 羽幌地域訪問看護ステーション
    〒078-4123
    苫前郡羽幌町栄町110番地 北海道立羽幌病院3階MAP
    TEL 0164-69-2101
    FAX 0164-69-2111
  • 羽幌地域ケアプラン相談センター
    〒078-4123
    苫前郡羽幌町栄町110番地 北海道立羽幌病院3階MAP
    TEL 0164-69-2101
    FAX 0164-69-2111

平成30年度質評価に関するアンケート結果をアップしました">平成30年度質評価に関するアンケート結果をアップしました

2019.05.22 UP

【事業所紹介第4回】北見地域ケアプラン相談センター

2019.03.28 UP

北見市と言えば玉葱ですが、今ではカーリングの「ロコソラーレ北見」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。他に北見で有名なのが、焼き肉店が多い事、2月には厳寒焼き肉祭りがあり、寒い冬の夜に外で焼き肉を食べます。少し変わった所では、端野町で行われる「たんのカレーライスマラソン」もあります。1チーム4人で、カレーライスの材料を集めながらゴールを目指し、ゴール後はみんなでカレーを作って食べます。全国からの申し込みがあり、受付初日に定員が一杯になってしまうほどの人気のお祭りです。

北見地域ケアプラン相談センター外観

相談コーナー

北見地域ケアプラン相談センターは、平成12年の介護保険開始と共に歩んできました。現在は6名の介護支援専門員(ケアマネジャー)がおり、支援が必要な方からの相談を受けています。支援が必要になっても、住み慣れた地域で暮らせるように、ご利用者様、ご家族様の思いを大切に、一人一人に合ったプランの作成を一緒に考えていきます。

スタッフ一同

ミーティング風景

他事業所との研修や事例検討会も行い、多用なケースに対応出来るように、日々努力しています。

 

管理者 松田 典子

管理者からメッセージ 
 当事業所は、経験豊富なケアマネジャーが多く、平均年齢は高くなっていますが、経験を重ねる事で、より良いケアに繋げられる事を目指しています。温かみのある対応が出来るように心がけていますので、介護保険サービスを利用する際にはご相談下さい。

  • 北見地域ケアプラン相談センター
    〒090-0019
    北見市三楽町1番地1MAP
    TEL0157-23-9333
    FAX0157-23-9341

次へ »