新卒看護師採用情報

HOME > 新卒看護師採用情報

看護部長からのメッセージ

 

看護部長 坂本みよ子

「在宅医療に関する国民のニーズ」1)には病気になっても60%以上の人が「自宅で療養して、必要になれば医療機関などを利用したい」と答え、また終末期の療養希望に関しても60%以上の人が「自宅で療養したい、あるいは自宅で療養し、必要時に医療機関(緩和ケア含む)で療養したい」と答えており、この傾向は年々増加しております。

 私たちは「病気や死」といつかは直面しなければなりません。多くの人はそんな状況に遭遇した時、最も心が安らぐ場所に居たいと思い、それが家族やペットがいる、住み慣れた自宅なのだと思います。

 “My Favorite things”という曲の一節に「悲しい気持ちになった時、お気に入りたちを思い出す。そうしたら、気分が少しは晴れるかも」とあります。いつも使っているコーヒーカップや読みかけの本、手になじんだパソコン、ちょうどいい硬さのクッションや枕、等など、住み慣れた空間にお気に入りが犇めくその場所こそが、その人にとって最も癒される場所になるのでしょう。

 これまでは、医療処置や、ご家族の負担などの理由で、在宅療養を断念する方も多数おりましたが、地域包括ケアシステムの推進などにより、今後は在宅で療養される方が増えていくことが予想されます。私たちはこれまでも、在宅療養を希望する方々のお力になってまいりましたが、これからも、「ご自宅での療養」を希望される方々の願いを叶えるお手伝いをいたします。

 在宅ケアに関わることで私たちも多くのことを教えられています。人間としても成長できます。一緒に「在宅ケア」で看護師としての「やりがい」を分かち合うことができたら嬉しい限りです。

1)「在宅医療の最近の動向厚生労働省」

先輩からのメッセージ

看護師 小関さお梨

 「訪問看護はベテラン看護師でなければ勤まらない」とのイメージを持っている方も多いかと思います。

 私は、急性期病棟で3年間勤務した後、学生の頃からやりたいと思っていた訪問看護へ、思い切って入職しました。入職して感じたことは、訪問看護は想像以上にチーム看護だということです。

 訪問前後はもちろん、訪問中も、困ったり判断に迷う時は、所長や先輩に、すぐ電話相談ができる環境があります。

 ケアマネージャーさんやセラピストさん、利用者様のご家族との情報共有や相談も密です。

 訪問は不安もありますが、毎日様々な人のサポートを得ながら、のびのびと仕事をしています。

採用情報

 新卒の看護師・保健師を募集しております。

  →採用情報の詳細

 

   【選考方法】面接

   【応募期間】一次募集(8月末)、二次募集(11月末)

   【面接日程】下記までお問い合せください。日程を調整させていただきます。

   【必要書類】履歴書、卒業(見込)証明書、成績証明書

    ※面接日に合わせ、上記の書類を看護部長宛てに郵送してください。

 

  <お問い合わせ先>

    一般社団法人北海道総合在宅ケア事業団

  訪問看護部人事担当

  メール:r-nagano@hghi.or.jp

     TEL:011-281-2120

新卒訪問看護師の教育プログラム

 新卒訪問看護師のための教育プラグラムに沿って、個人の成長度をみながら、新卒看護師を育てます。

→教育プログラムの詳細

インターシップ・見学会

 在宅医療に関心のある看護学生を対象に、訪問看護ステーションのインターンシップ、見学会を行っています。

→インターンシップ等の詳細

職場の紹介

 訪問看護ステーションは、道内にメインステーション55か所、サブステーション32か所、広域15か所を設置しております。職員は約600人の看護職員、リハ職員等が従事しております。

→事業所一覧