事業内容

HOME > 事業内容 > 訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

看護師・理学療法士・作業療法士等が
「住み慣れた家で療養したい」
と思っている方のお宅に伺い、
在宅療養に伴う相談に乗ります。

また、かかりつけ医の指示のもとに
専門的なケアを提供します。

おもな看護サービスの内容

心身の状態に応じて次のようなケアを行います。

  • 健康状態の観察
    健康状態の観察
    血圧・体温・脈拍の測定
    病状や障がいの観察と看護
  • 日常生活の看護
    日常生活の看護
    食事・水分など栄養の管理
    排泄のケア
    寝具・衣類の交換
    療養環境の整備
  • 服薬管理
    服薬管理
    内服薬など薬剤の指導・管理
  • 清潔の看護
    清潔の看護
    清拭・入浴介助・洗髪・足浴
    口腔ケア
  • リハビリテーション
    リハビリテーション
    日常生活動作の訓練/呼吸
    住宅改修や福祉用具の相談
    リハビリなど
  • 床ずれの予防と看護
    床ずれの予防と看護
    創傷・褥創の処置
  • 医療機器や器具等の操作援助・管理
    医療機器や器具等の
    操作援助・管理
    血圧・体温・脈拍の測定
     
  • ご家族などへの介護支援・相談
    ご家族などへの
    介護支援・相談
  • その他、医師の指示による診療補助
    その他
    医師の指示による
    診療の補助
  • 心の病気や物忘れなど、老化に伴う症状へのケア
    心の病気や物忘れなど
    老化に伴う症状へのケア
    精神・心理状態のケア
    日常生活自立の支援
  • 終末期ケア
    終末期ケア
    痛みや苦痛の緩和
    生活の質を尊重した支援
    在宅での看取りの支援
  • 健康状態の観察

    訪問看護

道・市町村・関係団体との協力

北海道・市町村からの依頼を受けて、さまざまな支援を行います。
  • 結核患者訪問服薬管理事業~結核治療を受けていらっしゃる方の自宅に伺い、服薬支援
  • 医療観察法による訪問看護~心神喪失等の状態で他害行為を行った者の自宅に伺い看護
関係団体からの依頼を受けて、さまざまな看護を提供します。
  • 薬害HIV感染被害者の健康訪問相談事業~薬の弊害でHIV感染となった方の自宅に伺い、ご利用者やご家族の健康相談

施設への訪問看護

  • グループホームなどの施設と契約をして、施設に伺い健康相談や訪問看護を提供します。
  • 市町村からの委託を受けて、障害のある方が通所している施設へ伺い、ご利用者に医療処置を行います。~医療的ケア支援事業

保険適用外訪問看護

  • 自由契約に基づく訪問看護です。
  • 旅行や冠婚葬祭に出席したいと考えているご利用者に付き添って、適宜処置やケアを行います。
    または、外出されるご家族の代わりに家に滞在し、ご利用者の処置やケアを行います。
    詳しくは訪問看護ステーションにお尋ね下さい。

■はじめての方はこちらから
訪問看護Q&A

Q1. 誰が来るの?

看護師・保健師が伺います。また専門的な判断のもとに、理学療法士・作業療法士が訪問します。

Q&A一覧に戻る

Q2. どんな人が利用できるの?

赤ちゃんから高齢の方までご利用いただけ、年齢制限はありません。
疾病を問わず、また障がいのある方にもご利用いただけます。
医師が必要と認めた方であれば疾病や障がいを問わずご利用いただけます。

Q&A一覧に戻る

Q3. 利用するにはどうしたらいいの?

主治医またはお近くの訪問看護ステーションにご連絡ください。
医師の指示を受けて訪問看護を提供します。
要支援又は介護認定を受けた方は、ケアマネジャーにご相談ください。

Q&A一覧に戻る

Q4. どのくらい費用がかかるの?

病名あるいは心身の状態によって、保険の種別(介護保険あるいは医療保険)が決まり、自己負担は1割~3割となります。また、公費が適用する場合もあります。
詳しくは訪問看護ステーションにお尋ねください。

Q&A一覧に戻る

Q5. 週に何回利用できるの?

介護保険の場合~ケアマネジャーが計画した回数で訪問します。
医療保険の場合~原則として週3回までですが、病名や病状によっては回数制限なく利用できる場合もあります。

Q&A一覧に戻る

Q6. 質問・苦情はどこに言ったらいいの?

より良い看護につなげられるよう、皆さまのご意見を大切にしています。
いつでも御遠慮なく、訪問看護ステーションの管理者にお申し出ください。

Q&A一覧に戻る