研修会報告

HOME > 研修 > 研修会報告 > 道南ブロック研修がありました

道南ブロック研修がありました

2017.09.03 UP

日時:平成29年7月8日(土)
場所:函館市
参加人数14名
テーマ:訪問看護におけるリスクマネジメントの視点・方法を学ぶ

道南ブロックは函館訪問看護ステーションと江差地域訪問看護ステーションの2か所で構成されているブロックです。
ブロック研修は年に1回の研修を開催しており、事業所間の連携と職員の交流を強化する目的と、非常勤職員の中には家庭の事情などから研修を受ける機会が少ない人もいるため、ブロック研修は貴重な学習の機会でもあります。
リスクマネジメント研修は、昨年度から事業団の研修として企画していますが、遠方のため参加できない職員が多いことから、今年度のブロック研修のテーマに選定されました
 午前中はリスクマネジメントについての講義を当事業団訪問看護部主幹 長野玲子が担当し、午後からは2グループ(イカチーム・カモメチーム)に分かれて、事例検討を行いました。
参加者は、リスクの背景を探り、再発防止に向けた検討が積極的に行われていました。函館は七夕が7月に行われることもあり、1年に1度のブロック研修を七夕に擬えて、1年後の織姫と彦星との再会を約束しながら研修が終了しました。