お知らせ

HOME > お知らせ > 【事業所紹介第3回】当別訪問看護ステーション

【事業所紹介第3回】当別訪問看護ステーション

2018.12.18 UP

 今回は当別訪問看護ステーション(併設:当別ケアプラン相談センター)の紹介です。ステーションは、JR学園都市線石狩当別駅南口より徒歩1分の場所にあるJRドーミー当別というマンションの1階にあります。入口にある青い屋根が目印です。

 当別町は、札幌市に隣接し、札幌都心部からJRで約35分、車で約45分とアクセスに優れています。
 また、当別町最大の魅力は、豊かな田園風景と山々、自然環境の中で北海道の四季を感じながら、ゆったりとした田舎暮らしが可能であるとともに、不便さを感じない都市機能を持つ点だと言われています。

         

 当別訪問看護ステーションは、当別町を実施地域としてサービスを提供しており、24時間訪問にも対応しています。スタッフは保健師・看護師11名、作業療法士1名の医療職12名がチームで関わりケアを行っています。
 朝のミーティングでは、訪問予定、目的、ケア内容を発表することで、それぞれのスケジュールを把握し、情報共有することによりチーム力の向上に繋げています。週1回のカンファレンスでは、作業療法士を講師にリハビリテーションの演習や事例検討、学習会などを実施しています。カンファレンス内に設けた「つぶやきタイム」では、担当ケースの悩みや看護師が感じ思ったことを話し、別の視点からの意見を聞くことで気付くことや、悩みの解決に繋がっています。

         

 また、広報係が中心となってステーション新聞‘’幸福キップ‘’を年2回発行しています。利用者さんが作った作品やペット情報等の記事を掲載し、利用者さんや事業所に配布し好評を得ています。

所長の矢野からメッセージ 
 「当別はリハビリのニーズが高く、訪問看護のリハビリのメリットとして作業療法士の視点を強みにしています。たとえば、障がいの方同士の交流や外出支援、調理指導(献立、調理)などを定期的に実施しています。
 併設のケアプラン相談センターには、ケアマネジャー専任者2名と訪問看護との兼務者6名のあわせて8名がケアマネ業務を行っています。ターミナルケアや難病のケースの対応にケアプラン相談センターと協力して関わり、相談・連携がスムーズな環境にあります。困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。」

  • 当別訪問看護ステーション
    当別ケアプラン相談センター

    〒061-0226
    石狩郡当別町錦町55番地9 JRドーミー当別1階MAP
    TEL 0133-25-2150
    0133-25-2150
    FAX 0133-25-2158