研修会報告

HOME > お知らせ > 新任職員交流会を旭川・札幌で開催しました

新任職員交流会を旭川・札幌で開催しました

2017.10.31 UP

 ≪旭川≫

日時:平成29年10月17日(火) 10:00~15:45

場所:旭川市民文化会館 第2会議室

参加人数:18名(看護職員、作業療法士、ケアマネジャー、主事)

≪札幌≫

日時:平成29年10月27日(金) 10:00~15:45

場所:札幌市教育文化会館 305研修室

参加人数:34名(看護職員、理学療法士、ケアマネジャー、主事)

事業団では毎年、訪問看護ステーション・ケアプラン相談センター・地域包括支援センターの新任職員を対象に交流会を開催しています。今年度は平成28年10月から平成29年7月までに事業団に就職した新任職員を対象におこないました。受講者は札幌ないしは旭川近郊に限らず、函館や北見等道内全域から集まってきました。新任職員は1事業所に1人ないしは数人しかいないため、仕事を覚えるためにいくつもぶつかる不安を先輩に表出できずに抱え込んでいる場合があり、あるいは家庭との両立に悩んでいる場合があります。同じ悩みを持つ仲間と交流することで、気持ちが楽になり前向きに仕事を続けていけるようになればと願い、企画しています。

交流会では、看護部長より「新任職員に期待すること」と題して話をしてもらい、その後仲間同士でコミュニケーション演習を行っています。午後からは、先輩看護師から「訪問看護の楽しさと私」のテーマでお話をしてもらいました。旭川では旭川地域訪問看護ステーションの宇佐泰代さん、札幌では三笠訪問看護ステーションの安部奈緒さんに話をしてもらいました。先輩の話は新任職員を勇気づける内容で、とても満足度の高いものでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流会後、「同じ悩みが共有できたよかった。」「勇気をたくさんもらった。今後仕事を続けていく上で励みになった。」等の感想がたくさん聞かれました。皆さん、明るい表情で地元に帰っていきました。次年度も新任職員をたくさん迎え、交流会を開催できればと思っています。