研修会報告

HOME > お知らせ > 訪問看護ステップアップ研修inを開催しました

訪問看護ステップアップ研修inを開催しました

2020.09.28 UP

日時:令和2年8月25日(火)9:30~17:00、26日(水)9:30~15:30

場所:北海道民活動センターかでる2.7 

受講者:事業団版クリニカルラダーⅠ~Ⅱの看護師 15名

研修目標:1、訪問看護の基本と特徴がわかる

     2、自分の訪問看護を振り返ることができる

     3、訪問看護を実践する上での自己目標をたてることができる

内容:講義・演習・訪問看護ステーションの同行訪問

 砂山新看護部長は「素敵にStep up」の講義の中で、社会情勢や制度の視点から訪問看護がますます必要とされることを説明する他、クリニカルラダーの4つの軸はつながっていることをわかりやすく説明し、最後は受講者に看護観を問いかけました。

 また、札幌東訪問看護ステーションの小原所長は「訪問看護の基本となるもの~日々の実践を振り返ろう」の講義において、事例と体験を細かに振り返る中から、自分の看護観を培ったことを話し、受講者も同様の体験や感情からステップアップできることを確かめることができました。

 日頃、他訪問看護ステーションの訪問に同行する機会は滅多にないため、受講生は同行訪問することで客観的に訪問看護を考えることができ、満足感につながりました。

 感染予防のため、今回の演習では受講者にフェースシールドを配布し、意見を述べる場合に使用してもらうこととしました。札幌は気温30度を超える暑さとなり、室内の冷房と換気とフェースシールド着用という環境コントロールの難しい中、受講者は協力してくれました。そのような中、同じ悩みや課題を持つ仲間と意見交換したいという気持ちがありありと伺われ、対面でしかかなえられない研修内容と、離れた距離でできる内容との整理が必要と痛感しました。皆、明るい表情で帰っていったのが印象的です。

 尚、対面での研修参加を辞退した職員がいることも事実です。今後も安心して研修に参加でき、看護実践の向上が図られる場の提供に努めていきます。