研修会報告

HOME > お知らせ > 石狩Aブロック研修「みんなで学ぶ目標管理」を開催

石狩Aブロック研修「みんなで学ぶ目標管理」を開催

2018.08.01 UP

研修日時: 平成30年6月30日(土)10:00〜15:30

開催場所:  ・ 札幌市 北海道民活動センターかでる2.7  820研修室 (看護職員、理学療法士等、介護支援専門員)

      ・札幌市 北海道総合在宅ケア事業団事務局 会議室   (主事)

参加者 : 約90名

 事業団では地域をブロックに分け、各ブロックごとに職員が集まり研修を行っています。通常は各ブロックで研修内容を決定し企画運営していますが、今年度は訪問看護部目標に「専門職として自立した人材を育成するために、目標管理の定着とクリニカルラダーの構築を図る」を掲げており、職員に目標管理について理解を深めてもらうために、訪問看護部企画の「みんなで学ぶ目標管理」というテーマで研修を行いました。

 目標管理という言葉を知っている職員も知らない職員もいる中、まずは講義をおこない、午後からは訪問看護ステーションの所長3名に協力してもらい、新人看護師・5年目の看護師・副所長との面接場面をシミュレーションしました。所長3名の演技力が光った面接場面となりました。

 その後のグループワークでは、職員同士でざっくばらんに話しあうことが出来ており、「事業所とリンクした自分の目標を立てるのが難しそう」「評価基準の作成が難しい」等の不安意見もありますが、「所長との面接を通して目標をすり合わせていくことがわかってほっとした」「クリニカルラダーがあると自分の課題と目標が明確になりやすいので理解したい」等の前向きな意見も聞かれました。

 アンケートでは、概ね目標管理について理解できたという回答となりました。実施方法や進め方については、“あまりできなかった”の回答が少ないながらもありました。今後は各事業所で復習する等、深めてもらうことを期待します。なお、他事業所職員との交流は充分にできたようです。    

 主事研修は、日頃の主事業務について確認するとともに、組織における主事の役割について考える機会としました。

 これからも、事業所運営に目標管理が浸透するよう、皆で取り組んでいきたいと思います。