研修会報告

HOME > お知らせ > 在宅看取りケア・アドバンス編研修を開催

在宅看取りケア・アドバンス編研修を開催

2021.08.17 UP

 コロナ禍では、入院する家族との面会がままならないといったニュースが報じられています。実際に、最期に家族と交流できないことを避け、在宅看取りを選択する利用者・家族もいらっしゃいます。令和2年度以降の訪問看護は色々な意味で変化していますが、この変化の中での在宅看取りケアの実践報告を共有する大事な時間をもちました。

日時:  令和3年7月16日(金)13:00~15:30

方法:  ZOOMによるオンライン配信

受講者: 事業団版クリニカルラダーⅡ~Ⅳの看護師及びケアマネジャー 計27名

研修目標:1 在宅を取り巻く社会変化を理解し、自組織が地域に求められる看取りケアについて考えることができる

     2 利用者・家族の意思決定支援の重要性を理解できる

     3 看取りケアの実践報告から、看護の質向上及び関係機関との連携強化の必要性が理解できる

概要:     1 札幌南訪問看護ステーション   正門まゆみ所長の講義

      「コロナ禍における訪問看護が支える在宅看取り~自宅で生き終えるということ~」

     2   苫小牧地域訪問看護ステーション 八田美穂副所長の実践発表

     3   当別訪問看護ステーション    前川貴絵・宮田美恵さんの実践発表

     4   短時間の意見交換 

 受講者は実践報告から心を動かされ、「終末期の揺れ動く利用者家族の気持ちにとことん向き合う」「チームでの連携の大切さ~スタッフ皆で充実感を持てるよう日々コミュニケーションする」等の学びを語っていました。

 この研修は受講者の満足度も高いため、毎年継続できたらと考えています。