研修会報告

HOME > お知らせ > 北見で訪問看護ステップアップ研修を開催

北見で訪問看護ステップアップ研修を開催

2020.09.30 UP

日時:  令和2年9月8日(火)9日(水)

場所:  北見地域ケアプラン相談センター会場

受講者: 道東の職員3名

研修目標:1、訪問看護の基本と特徴がわかる

     2、自分の訪問看護を振り返ることができる

     3、訪問看護を実践する上での自己目標をたてることができる

内容: 講義・演習・訪問看護ステーションの同行訪問

 訪問看護ステップアップ研修は、事業団版クリニカルラダーⅠ~Ⅱの職員を対象に毎年札幌で開催していますが、家庭等の事情で宿泊を伴う移動が困難な職員もいるため、2年前から地方での開催を始めました。今回は2年ぶりの開催です。

 砂山看護部長は講義で訪問看護がますます必要とされることを説明する他、クリニカルラダーについて説明するとともに、最後は受講者に看護観を問いかけました。また、羽幌地域訪問看護ステーションの浮田所長も講義の中で、事例と体験を振り返る中から自分の看護を見つめたことを説明し、医師との協働エピソードなども披露しました。

 少人数での研修でしたが、写真のように離れた距離で換気を保ちながら意見交換しました。受講者は、他訪問看護ステーションの訪問に同行する機会はないため、客観的に訪問看護を考えることができました。また、ファシリテーター支援のもと、自己を開示し意見を言う学習の機会ともなりました。

 同じ事業団の職員がたとえ少数であっても、平等に研修が受けられるよう、今後も工夫していきます。